2015年09月07日

川内原発再稼動に続け!福島第二原発再稼動推進街宣9/6

9月6日、川内原発再稼動に続け!福島第二原発再稼動推進街宣を福島駅前で行いました。
あいにくの雨の中、10人を超える方々にお集まり頂き大変熱気ある活動になりました。
福島県内の方だけでなく、山形や群馬や東京そして大阪からも足をお運び頂きまして、本当にうれしく思います。ありがとうございました。
お陰さまで、沿道からもご声援頂きまして福島県内からも再稼動を望む方が少なからずいらっしゃること、大変励みになりました。海外の方からもご興味を持って頂き、日本国民の声が少しでも海外に伝わればと思います。

原発問題は、放射能問題と混同されがちですが、少なくとも福島県の低放射線の問題とはまったくの別問題です。
原発問題は国のエネルギー問題であり安保の問題であり、日本国民の命に直結する問題です。
電気がなければたくさんの日本国民が死ぬのです。
そんな日本国民の命のに直結する電気を、他国に依存する事がどれだけリスクのある事なのか、安全保障に関わってくるのか考えずに原発問題を語る事事態おかしいのです。
そのおかしな事を震災から4年半経ってもずっと行ってきたのが反原発団体です。
反原発団体の妨害にめげずに、「原発を稼働して欲しい」という地元の声を、行政に届ける手伝いをこの記事を読まれている皆さんも行って頂ければと思います。

色々な声があるとは思いますが、「原発早期再稼動の活動を福島県内でやるなんて…」という極左暴力集団反日反原発団体の声こそが差別であり、福島県民に声を上げさせないようにする雰囲気作りです。
このようなうそつき団体の活動にめげること無く、福島支部では今後も原発早期再稼動を訴えて参りますので、どうぞご協力お願いします。


そして、引き続き運営募集中です。
共に声を上げよう、ちょっとでも協力出来れば。。。とお思いの方は是非ご連絡下さい。
宜しくお願いします。⇒zaitokuhukusima01@gmail.com



suzuki_riko at 23:34│Comments(0)活動報告 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字